インプラント治療が不安な方へ

高度な麻酔技術で手術中の不安を取り除くインプラント治療が不安な方へ
インプラントは手術があり、痛みを気にする方も多いと思います。手術中は麻酔をするので痛みがほとんどなく、術後の痛みも親知らずの抜歯程度です。一般的な浸潤麻酔で十分ですが、痛みに敏感な方や恐怖心の強い方には笑気ガスによる鎮静法、あるいは静脈内鎮静法で麻酔をかけて手術を行います。

静脈内鎮静法は静脈内に直接鎮静剤を点滴するので、深いリラックス状態となり、痛みや手術中の不安・緊張も和らいでいきます。万全の管理体制のもと、安全に行いますのでご安心ください。

痛みに配慮した治療はこちら

総入れ歯が安定しない......インプラント治療が不安な方へ
当院では、入れ歯の安定性を高めるためにインプラントを埋入することがあります。失った歯が多くなると、その分インプラントの埋入本数も増え、患者さんにかかる負担も大きくなり、治療も難しくなります。そこで当院では、入れ歯治療にもインプラント技術を取り入れています。インプラントを数本埋入し、その上から入れ歯を装着するとズレやがたつきがなくなり、入れ歯でもしっかり噛めるようになります。

入れ歯はこちら

骨が不足している......インプラント治療が不安な方へ
インプラントを埋入するには、ある程度の骨の厚みや深さが必要です。骨のボリュームが少ない場合は、骨造成手術にも対応しています。骨造成は、骨の部分に人工骨などを移植して骨の量を増やす治療です。抜歯をしてから長期間経っている方でも、骨造成をすることで、インプラントができるようになります。骨が少ないと診断され、治療を諦めていた方は、骨造成でインプラントが可能になる場合もあります。一度ご相談ください。

※骨の吸収が激しい場合は、骨造成が難しい場合もあります。

高度な外科治療はこちら

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております